伊藤圭の弟も山小屋主人!三俣山荘の宿泊料金とジビエシチューの誕生秘話とは?【情熱大陸】

伊藤圭さんの弟も山小屋主人

伊藤圭さんは現在、三俣山荘と水晶小屋の

店主ですが、父親は4つの山小屋を経営して

いました。

そうなると、残りの2箇所が気になりますね。

湯俣山荘は2018年8月現在、休業中ですが、

雲ノ平山荘は弟の伊藤次郎さんが経営して

いるそうですよ。

出典:http://kumonodaira.net/

可愛い形の山小屋です。

登山者でなくても泊まりたくなりますよね。

料金は三俣山荘と同じでした。

兄弟で協力して経営しているなんて素敵ですね。

スポンサードリンク

伊藤圭さんのジビエシチューは自然保護

伊藤圭さんが作るジビエシチューは好評で、

シチューのみの予約が入るほどの人気です。

使っている肉は鹿肉です。

ただ、このジビエシチューはニホンジカ

増加による高山植物の被害を防止する

意味合いがあるみたいですよ。

南アルプスでは、はげ山となった地域もあるそうです。

ニホンジカの推定個体数(本州以南)は

環境省によると1989年度は29万頭でしたが、

2015年度は304万頭になっています。

これでも2015年度は約55万頭も捕獲していました。

伊藤圭さんはこの現状を知り、食肉利用を

思い立ったとか。

ただ、現状は食肉需要が少なくて鹿肉の

処理施設などが整っていないため原価が

高く、採算度外視で提供中だそうです。

最後に

伊藤圭さんは兄弟で分担して山小屋を経営しています。

ジビエシチューはニホンジカにより高山

植物の被害を防止するために食用として

採算度外視で提供中でした。

宿泊料金は約6千円から1万円です。

登山客だけでなく高山植物の保護のため

にも活動する姿が素敵ですね。

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も読まれています



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です