橋本美穂の通訳はチョコが必須!wiki風プロフィールと年収が気になる【情熱大陸】

通訳者の橋本美穂(はしもとみほ)さん

6月4日放送の情熱大陸に登場します。

ピコ太郎さんやふなっしーさんの会見時も

見事な同時通訳をして話題になりました。

通訳者界ではかなり知られている存在なようです。

wikiがないのでプロフィールが気になりますね。

やはり年収も知りたいですよね。

またチョコレートが必須とはどういう事なのでしょうか?

今回は橋本美穂さんを調べます。

目次
  1. 橋本美穂さんのwiki風プロフィール
  2. 橋本美穂さんは同時通訳者
  3. 橋本美穂さんが通訳者になったきっかけと経歴
  4. 橋本美穂さんの年収は?
  5. 橋本美穂さんの通訳にはチョコが必需品
  6. 最後に

橋本美穂さんのwiki風プロフィール

hashimoto_miho

出典:通訳技術向上センター

  • 名前   橋本 美穂
  • 読み   はしもと みほ
  • 生年月日 1975年生まれ
  • 出身地  アメリカヒューストン

東京で幼少期を過ごして小学生になり再度渡米。

今度はサンフランシスコで5年間過ごしています。

帰国後は神戸で暮らしていたみたいです。

だから関西弁も話せるそうですよ。

大学は慶應義塾大学総合政策学部に進学。

卒業後はキャノン株式会社さんに入社しています。

9年間の勤務を経て通訳者の世界に転身。

橋本美穂さんは同時通訳者

橋本美穂さんは同時通訳者という通訳の中でも花形的な職業です。

通訳は数種類に区分されるみたいですよ。

一般的な区分は

  • 逐次通訳:話を区切って行う通訳で時間がかかる
  • 同時通訳:話者の話とほぼ同時に訳すが過酷なので複数で行う
  • ウィスパリング通訳:話者と同時に聞き手にささやく程度で訳す

の3つがありシーンに応じて使い分けるみたいです。

橋本美穂さんが通訳者になったきっかけと経歴

橋本美穂さんは会社員時代に新製品導入の

プロジェクトマネージャーでした。

アメリカ企業との共同プロジェクトなので

業務の半分は英語を使っていたそうです。

そんなある日、アメリカからの来客があり、

上司に通訳を頼まれ快諾します。

これが転機になりました。

いざ当日になると適切な言葉が出てこなくて

話を混乱させる事もあったと語っています。

橋本美穂さんは分かっているのに上手く伝えられなかったのです。

そこで2002年4月に通訳者養成学校の

サイマルアカデミーで勉強開始

企業内通訳を兼務するまでになりました。

2005年3月の学校修了後は退職して独立。

2006年に日本コカ・コーラ株式会社の専属通訳者。

現在はフリーランスの通訳者と翻訳者で

国際会議の同時通訳なども務める有名人。

また通訳者養成学校の講師などでも活躍しています。

橋本美穂さんの年収やチョコレートはページ2へ

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です