杉山弥紀佳の好き嫌いの評判は?われち語って何?出身や高校大学も気になる【さんま御殿】

杉山弥紀佳さんが2020年3月3日に放送された『踊る!さんま御殿!SP』に出演しました。

wikiがまだない新人タレントらしいです。

それにしても、われち語はクセが強いですよね。

独特な世界なので嫌いとの声も上がりそうな気がします。

そこで、評判について調べます。

情報が少ないので出身地や高校大学についても調べます。

早速、杉山弥紀佳さんを見ていきしょう。

目次
  1. 杉山弥紀佳さんのwiki風プロフィール
  2. 杉山弥紀佳さんの高校や大学
  3. 杉山弥紀佳さんのわれち語
  4. 杉山弥紀佳さんの好き嫌いの評判
  5. 最後に
スポンサードリンク

杉山弥紀佳さんのwiki風プロフィール

この投稿をInstagramで見る

杉山弥紀佳(すぎやまみきか)(@sugiyamamikika0429)がシェアした投稿

  • 名前   杉山 弥紀佳
  • 読み   すぎやま みきか
  • 生年月日 1997年4月29日
  • 出身地  栃木県
  • 血液型  A型
  • 身長   160㎝
  • サイズ  83・58・88(2020年2月現在)
  • 趣味   美術館巡り、映画鑑賞、スキー
  • 特技   新体操(全国大会出場)、仏語

2019年5月、『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』の街頭インタビューに出演。

6月に放送されると個性的なキャラが注目を浴びました。

なんと芸能事務所の目にも留まり、2019年9月に芸能界入り。

現在はタレントとして活動しています。

杉山弥紀佳さんの高校や大学

杉山弥紀佳さんは大学3年生の時にスカウトされて芸能界に入りました。

大学は実践女子大学文学部美学美術史学科です。

西洋美術史を学んだようです。

2018年には1年間、パリに留学して2019年3月に帰国しました。

留学中はルーブル美術館に25回も訪れたそうです。

さすが美術史学科ですよね。

高校については情報がありませんでした。

杉山弥紀佳さんのわれち語

杉山弥紀佳さんが話す言葉が「われち語」です。

一体、何なのか気になりますね?

最初に言うと方言ではありません

「われ」は「我」という漢字が由来です。

杉山弥紀佳さんが小学校で「我」という漢字を習った時、運命を感じて作った造語が「われち語」です。

漢字を習って運命を感じるとは面白い感性です。

早速「われち語」を見ていきましょう。

  • 一人称が私ではなく「わたち」
  • 光&栄
  • ファイトりたい
  • うれぴよこの極み
  • うれぴよこのデラックスシュナイザー

言葉の間に「&」を入れても意味は通じます。

ただ、最後は何を言っているのか分かりませんね。

調べていくと、本人による使い方講座がありました。

この投稿をInstagramで見る

杉山弥紀佳(すぎやまみきか)(@sugiyamamikika0429)がシェアした投稿

キャラとして使っているなら分かりますよ。

でも、日常的に使っていますからね。

拗らせてますね(笑)

芸能事務所の目に留まるはずですよね。

同じ様な意味不明な言葉を使うお笑いコンビもご覧下さい。

フースーヤ(吉本芸人)のwikiは?大学が判明!ネタはギャグ漫才?【今夜くらべてみました】

スポンサードリンク

杉山弥紀佳さんの好き嫌いの評判

ネットでは「嫌い」と一緒に検索されています。

どういった理由なのか気になりますね。

どうやら、うるさい点が不評のようです。

キャラが苦手といった感じでしょうね。

賑やかな女性タレントはこの傾向が多いですね。

ただ、ヴィジュアルは可愛いと好評です。

2017年にはミスサークルコンテストにも出場していましたよ。

これだけ可愛いいと、大学でも話題だったでしょうね。

最後に

杉山弥紀佳さんは造語「われち語」を話すタレントです。

デビュー以来、独特なキャラで注目を浴びています。

ただ、「わらち語」やうるさいといった点が嫌いという声もあります。

可愛いけどキャラが苦手といった感じです。

高校は不明ですが大学は実践女子大学でした。

2020年はブレイクするかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています