高嶋弘之は高嶋ちさ子の父!経歴は?ビートルズ販促活動でやらせや不正?【アウトデラックス】

高嶋弘之さんはビートルズの初代ディレクター

東京芝浦電気株式会社レコード事業部に

就職した高嶋弘之さん。

翌年にはレコード事業部が分社化された

東芝音楽工業株式会社さんで洋楽担当の

ディレクターとして活動しています。

会社はイギリスのEMIと提携関係にあり、

EMI傘下のパーロフォンからデビューした

ビートルズの日本でのディレクターを

務める事になったようです。

当時の洋楽担当ディレクターの業務は、

日本向けに選曲して発売する事が主で、

今の様に本国で発売された物を販売する

だけではなかったみたいですよ。

スポンサードリンク

高嶋弘之さんはビートルズ販促活動でやらせや不正

高嶋弘之さんが日本でビートルズを売り

込む為にラジオ局にレコードを持って

回ったところ、反応は良くなかったとか。

当時の日本では、イギリスのポップスは

馴染みが無かったそうです。

そこで高嶋弘之さんは奇策を講じます。

  • 学生にファンクラブを作らせる
  • 視聴会を開催して女性に「キャー」と叫ばせる
  • マッシュルームカットにした部下を取材させる

やらせのオンパレードです(汗)

凄いのがリクエスト番組にバイトを送り、

他の歌手のリクエストをビートルズと

すり替えたそうですよ。

当時でも今でもかなりの問題ですよね(汗)

また、ラジオ局でビートルズは当たらない

と言う評論家の先生に、ビートルズの波が

来るからとレコードを渡して自宅で聞いて

もらい「売れる」評価を貰ったそうです。

評論家対策をした理由は、放送局の人間が

ビートルズの曲を流そうとする時に、その

評論家の先生の顔色を気にして曲を流して

くれなくなる事を危惧したからだそうです。

最後に

高嶋弘之さんは、高嶋ちさ子さんの父親です。

演出家志望だったものの早稲田大学から

東京芝浦電気株式会社へ入社。

ディレクターとして日本でのビートルズの

仕掛人で、ビートルズを売る為にやらせや

リクエストの不正などを仕掛けていました。

現在は事務所の社長として、クラシックの

アーティストやプロデュースを手掛けるなど

精力的に活動中です。

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です