福島有佳子のwikiは?高校や大学は?人工ボディの値段と工房を調査【プロフェッショナル】

人工ボディ技師の福島有佳子さんが2018年11月26日に放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀』に出演しました。

この分野の第一人者ですがwikiがありません。

そこで高校や大学なども含めてプロフィールを調べます。

福島有佳子さんは技術が高く国内外から依頼が届くらしいです。

一体、勤務先の工房の場所はどこにあるのでしょうか?

さらに人工ボディの値段も気になりますよね。

今回は福島有佳子さんのその点を調べます。

目次
  1. 福島有佳子さんのwiki風プロフィール
  2. 福島有佳子さんの勤務先の工房
  3. 福島有佳子さんの人工ボディの値段
  4. 福島有佳子さんの高校や大学
  5. 最後に
スポンサードリンク

福島有佳子さんのwiki風プロフィール

出典:YouTube

  • 名前   福島 有佳子
  • 読み   ふくしま ゆかこ
  • 生年月日 1971年生まれ
  • 出身地  大阪市
  • 趣味   陶芸
  • 資格   上級心理カウンセラー

特殊メークの技術を応用して従来の義手などより、リアルな人工ボディを独学で開発

1300以上の肌の色を作ることが出来る匠で、全身を作れる人工ボディ技師の第一人者です。

社会復帰を目指す元組員らに、義指を制作する活動にも取り組んでおり多数の表彰実績があります。

2014年7月には内閣総理大臣表彰及び女性のチャレンジ賞を受賞。

日本だけでなく海外からも依頼が届くみたいですよ。

福島有佳子さんの勤務先の工房

福島有佳子さんは有限会社を設立しましたが、会社は川村義肢株式会社へ合併しています。

そして、同社の一部門として「工房アルテ」を設立しました。

その会社がこちらです。

出典:川村義肢株式会社ホームページ

  • 会社名  川村義肢株式会社 工房アルテ 大阪
  • 住所   大阪市北区天神橋1-18-18 川村義肢株式会社3F
  • 営業時間 9:30~17:00(完全予約制)
  • 定休日  日曜・祝日、お盆休み・年末年始

営業時間は2019年からのものです。

大阪天満宮の駐車場入り口前にあるので分かりやすいですよ。

福島有佳子さんは大阪勤務ですが、「工房アルテ東京」(江東区)もあるようです。

福島有佳子さんの人工ボディの値段

人工ボディは多くの人にとっては身近ではないですよね。

そこで気になるのが値段です。

福島有佳子さんが作る人工ボディはいくらするのでしょうか?

工房アルテさんには他にもスタッフがいています。

そのため、技師によって値段が異なる訳ではないようです。

その工房アルテさんの人工ボディの値段は、部位によって異なりますが5万円からといった感じのようです。

詳しい値段はこちらをご覧下さい。

参照:工房アルテ ホームページ

福島有佳子さんの高校や大学

福島有佳子さんは中学時代にモノづくりに目覚め、高校からその道に進んでいます。

その高校が大阪市立工芸高等学校です。

ここで楽しさや工夫することを学んだみたいですよ。

その後、作った物を自分で販売したいと考え、大学ではなく専門学校へ進学

接客を学ぶために梅田ビジネス専門学校ホテル科に進みました。

ここでは心理学やビジネスも学んだそうです。

ホテル科というのが意外ですよね。

卒業後に入社した会社で、耳の無い人が相談に来たことがきっかけで人工ボディを作り始めました。

最後に

福島有佳子さんは、大阪市立工芸高等学校と梅田ビジネス専門学校ホテル科を卒業しています。

その後、独学で人工ボディを開発したという異色の経歴の持ち主です。

勤務先の工房アルテさんは大阪市にありますが、東京にもお店がありました。

値段は部位によって異なりますがだいたい5万円からでした。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も読まれています



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です