坂口涼太郎はおかっぱ頭で運気上昇?キレキレのダンスと歌声が気になる【さんま御殿】

おかっぱ頭が印象的で俳優やダンサーの

坂口涼太郎(さかぐちりょうたろう)さん

2020年6月2日に放送された『踊る!さんま御殿』に出演しました。

映画『ちはやふる』のヒョロ役が激似でしたよね。

おかっぱ頭にしてからオーディションに受かるようになったとか。

なぜ、この髪型にしたのか理由を調べます。

また、ダンスや歌も上手いらしいので動画を探します。

今回は坂口涼太郎さんを見ていきます。

目次
  1. 坂口涼太郎さんのプロフィール
  2. 坂口涼太郎さんは歌が上手い
  3. 坂口涼太郎さんのダンスがキレキレ
  4. 坂口涼太郎さんは『ちはやふる』で話題
  5. 坂口涼太郎さんがおかっぱの理由
  6. 最後に
スポンサードリンク

坂口涼太郎さんのプロフィール

この投稿をInstagramで見る

坂口涼太郎(@ryotarosakaguchi)がシェアした投稿

  • 名前   坂口 涼太郎
  • 読み   さかぐち りょうたろう
  • 生年月日 1990年8月15日
  • 出身地  兵庫県神戸市
  • 血液型  B型
  • 身長   171㎝
  • 趣味   読書、映画演劇アート鑑賞、旅
  • 特技   ダンス(ジャズ、バレエ、ヒップホップ、
  •      コンテンポラリー)、ピアノ弾き語り

小学3年生の時に観たミュージカル『キャッツ』に感動。

舞台に立つことを目標にダンスを開始

森山未來さんの両親が経営するダンススタジオに通っていました。

ダンスに夢中でしたが役者も勧められたそうですよ。

身体を使って表現したいとの思いがあったので受け入れたようです。

2007年、森山未來さん主演のダンス公演『戦争わんだー』のオーディションに合格してダンサーデビュー。

俳優デビューは、2010年公開の映画『書道ガールズ!!わたしたちの甲子園』でした。

その後も映画やTVドラマ、舞台などに出演。

個性的な顔立ちや演技からクセメン(クセの強い)俳優として注目を浴びています。

坂口涼太郎さんは歌が上手い

坂口涼太郎さんは3歳からピアノを習い、中学でサックスを始めるなどの音楽好きです。

高校生の時に神戸から茅ケ崎に転校。

すると、周囲とノリが合わなかったそうです。

関西と関東ですからありそうな話ですよね。

そこで、音楽の授業でその気持ちを歌にしたら感動してくれたとか。

それからライブをするようになりました。

気になる坂口涼太郎さんの歌声がこちら。

出典:YouTube

歌声もピアノも上手ですよね。

舞台を目指していただっけありますよね。

何でも出来るなんて多才過ぎて羨ましいですよね。

坂口涼太郎さんのダンスがキレキレ

本格的に習っていたダンスの腕前をYouTubeで公開しています。

友達の加藤諒さんと一緒に踊っていますよ。

テレビで披露して話題になったダンスがこちらです。

出典:YouTube

ギャップがえげつないですよ。

かなりカッコいいです。

ダンサーやパフォーマーというだけありますよね。

坂口涼太郎さんは『ちはやふる』で話題

坂口涼太郎さんは映画『ちはやふる』シリーズに出演してヒョロ役を演じました。

このヒョロくんは漫画向きのキャラクターです。

実写化にあたっては登場を見合わせる話もあったほどです。

それがオーディションの時、坂口涼太郎さんが扉を開けた瞬間に配役が決定したそうです。

それぐらい漫画と激似です。

このビジュアルの再現度の高さは驚きですよね。

フルCGが疑われたほどだったそうですよ。

スポンサードリンク

坂口涼太郎さんがおかっぱの理由

坂口涼太郎さんは髪型が個性的ですよね。

このおかっぱの髪型にしたのには理由がありました。

アルバイト先では「耳に髪がかかってはいけない」との規定がありました。

そこで、カットする部分を指定したら現在のマッシュルームカットになったそうです。

偶然出来上がった髪型みたいですよ。

この髪型にしてからは、落ち続けていたオーディションに合格するようになったとか。

坂口涼太郎さんにとって幸運の髪型ってことですね。

最後に

坂口涼太郎さんは歌、ダンス、ピアノが得意です。

特にダンスはキレキレでした。

おかっぱ頭の髪型にしたらオーディションに受かるようになったそうです。

『ちはやふる』のヒョロ役は激似で、CG説があったほどでした。

多才でマルチな活動をしているバイプレーヤーです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています