ティーナ・カリーナはハーフ?本名は?元デパ地下販売員が勤めた店が気になる【有吉反省会】

歌手のティーナ・カリーナさんが2019年1月19日に放送された『有吉反省会』に出演しました。

名前を見ると外国人やハーフのようですね。

本名は何というのでしょうか?

また、歌手になる前はデパ地下で販売員として働いていたそうです。

どこのお店だったのかも気になりますよね。

代表曲は「あんた」という大阪弁のラブソングです。

これは、元彼についての歌だそうですよ。

今回はティーナ・カリーナさんの以上の点を調べます。

目次
  1. ティーナ・カリーナさんのプロフィール
  2. ティーナ・カリーナさんの代表曲「あんた」
  3. ティーナ・カリーナさんはハーフ?本名は?
  4. ティーナ・カリーナさんがデパ地下販売員として勤めたお店は?
  5. 最後に
スポンサードリンク

ティーナ・カリーナさんのプロフィール

  • 名前   ティーナ・カリーナ
  • 生年月日 1986年1月16日
  • 出身地  大阪府池田市
  • 血液型  B型

父親がオペラ歌手で中学校の音楽教師、母親がピアノとエレクトーンの先生という環境で育ったそうです。

その母親の影響で幼稚園の頃からピアノを習い、中学校では吹奏楽部へ入部。

部活で演奏したカーペンターズのメロディに惹かれて歌手に興味を抱きます。

そして中学3年生の時に母親の勧めでボイストレーニングに通い始めたそうですよ。

大学進学後はユニットを結成してライブにも出演するなど活動していました。

2011年3月の25歳の時に音楽事務所50社にデモテープを送付

2011年5月中旬、その中の1社で仙台市を拠点とする音楽事務所から連絡があり契約。

活動拠点を仙台市に移し、2012年9月にミニアルバム「ティーナ・カリーナ」でメジャーデビューしました。

ティーナ・カリーナさんの代表曲「あんた」

デビューミニアルバムに収録されていた「あんた」は、歌詞検索サイトや有線リクエストで上位にランクイン。

その後、シングルカットされて話題となりました。

デビューからわずか3ヶ月で、

  • レコチョク発表の2012年最も泣けた歌 第2位
  • USEN2012年間リクエストランキング 第2位
  • USEN2012年総合ランキング 第6位

などのタイトルを獲得しています。

その曲がこちらです。

出典:YouTube

綺麗な歌声で関西弁の曲を歌うというのも新鮮ですね。

マンネリ関係になってしまっていた彼氏に向けての歌だそうです。

部屋で1人ほろ酔いになりながら作ったので、自身の胸の内をさらけ出した詞になったとか。

ライブで初めて歌った時は恥ずかしかったようです(笑)

ティーナ・カリーナさんのハーフや本名とデパ地下販売員だったお店はページ2へ

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事も読まれています



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です