高橋智隆の嫁は弁護士で美人!車マニアが芸人を断りロボットの父へ?【アナザースカイ】

ロボットクリエーターの高橋智隆

(たかはし ともたか)さん

11月10日放送のアナザースカイに出演します。

ロボホンやエボルタなどロボットの父

として活躍していますが、学生時代は

芸人に誘われたそうです。

嫁は弁護士で、しかも美人らしいですよ。

また、かなりの車好きでスポーツカーを

複数台所有しているみたいです。

今回は高橋智隆さんの以上の点を調べます。

目次
  1. 高橋智隆さんのプロフィール
  2. 高橋智隆さんは大学を2校卒業
  3. 高橋智隆さんは芸人を断った?
  4. 高橋智隆さんは車好き
  5. 高橋智隆さんの嫁は弁護士で美人
  6. 最後に
スポンサードリンク

高橋智隆さんのプロフィール

takahashi_tomotaka

出典:Twitter

  • 名前   高橋 智隆
  • 読み   たかはし ともたか
  • 生年月日 1975年3月27日
  • 出身地  大阪府
  • 趣味   釣り・スキー

グランドキャニオンを登頂したエボルタ

ロボット電話ロボホンを制作。

2004年にはポピュラーサイエンス誌で

「未来を変える33人」の1人に選出。

高橋智隆さんは大学を2校卒業

高橋智隆さんは、立命館高等学校からの

立命館大学産業社会学部へ進学します。

学部は、潰しが利きそうとの理由で決めたそうです(汗)

大学では、1年間海外留学と称して遊び、

5年かけて卒業しています。

オーストラリアではスキーだけをして

1日が終わる日もあったとか。

学生時代は釣りとスキーに夢中だったので、

就職活動では、釣り具やスキー用品を作る

ダイワ精工(現グローブラインド)さんを

第一志望に活動したそうです。

でも、最終面接まで進むも不採用になります。

結局、他のメーカーに合格して就職活動を

終了しましたが、幼稚園の頃に読んだ漫画

「鉄腕アトム」で夢見た「ロボットを開発

したい」という思いが再燃します。

そこで内定を辞退して京都大学工学部を

目指して予備校生になりました。

そして1999年4月に京都大学工学部に進学

京大では、ひたすらロボットを作り続け

卒業後の2003年春には、京都大学の学内

ベンチャー第1号として個人事務所である

「ロボ・ガレージ」を立ち上げました。

現在は、グローブライド株式会社さんで

なんと社外取締役を務めています。

形は違うものの当初の第1志望の会社に

関わっているのがスゴイですよね。

高橋智隆さんの車と美人嫁、芸人への誘いはページ2へ

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です