水橋春夫はWinkで小遣い稼ぎ!いい加減で反省しない性格!【アウトデラックス】

Winkや横浜銀蝿のディレクターの

水橋春夫さん

8月5日放送のアウトデラックスに出演します。

Winkでお小遣い稼いでいたとは気になりますね。

いい加減な性格はどういうものでしょうか。

水橋春夫さんについて調べていきます。

水橋春夫さんとは

無題2

出典:http://bellwoodrecords.co.jp/

  • 名前   水橋 春夫
  • 生年月日 1949年2月2日
  • 学歴   和光大学卒

水橋春夫さんのジャックスとは?

1965年に和光高校の同級生が結成したナイチンゲイルが元。

1966年にジャックスに改名し翌年に水橋春夫さんが加入。

他メンバーは早川義夫さん、谷野ひとしさん、木田高介さん。

1968年に水橋春夫さんが脱退し1969年にジャックスは解散。

活動期間がかなり短いですね。

当時はグループサウンズやフォークソングの全盛期。

ジャズ指向のジャックスは支持されなかったそうです。

早川さんによる解散理由も売れなかったと事だそうです。

10年後にひょんなことから人気がでます。

1970年末のインディーズブームで多くのバンドから好評価を得る。

残念ながらレコードは廃盤していたのでプレミアが付いたそうです。

売れてなかったバンドなので発売枚数も少ないですからね。

幻のバンドだったみたいです。

1985年にようやく再販されたそうです。

水橋春夫さんはいい加減な性格

水橋春夫さんはギターを担当してました。

そうにも関わらずギターを持っていませんでした。

初めてのTV出演時もメンバーから借りたそうです。

その後も彼女から借りて活動していたみたいです。

ジャックスもいい加減だったそうです。

レコーディングを早く終わらせて遊びに行く事を考えてたみたいです。

ジャックス脱退後はレコード会社に勤務します。

転職理由は「カッコいい」から。

無試験で入れるし満員電車が嫌だから普通の会社無理と思ったそうです。

Winkや横浜銀蝿のディレクターになるのがスゴイですね。

常にヘラヘラしていて物事を深く考えないそうです。

転職理由はまさにその通りで納得出来ますね。

判断基準は「好きor嫌い」だそうですよ。

何かあっても仕方ないで納得出来るみたいです。

だから反省しないし落ち込まないそうです。

やっぱりいい加減ですね。

そんな水橋春夫さんが音楽活動を再開しました。

水橋春夫グループというバンドです。

復帰アルバムは『考える人』

まさかの自虐ネタ!!

いい加減な人が出した曲が「考える人」ですよ。

セカンドアルバムは『笑える才能』

またもネタっぽい。

水橋春夫さんは狙っている気がしますねよ。

そのアルバムから1曲紹介します。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=beAjNIyeCKg

少し昔の雰囲気のある曲ですね。

水橋春夫さんがWinkで小遣い稼ぎ

Winkは淋しい熱帯魚などで大ヒットしてました。

このコンビにジャックスの「時計を止めて」をカバーさせます。

苦労時代の思い入れでもあるのかと思いますよね。

単なるお小遣い稼ぎでした。

「ものすごい枚数うれるんだよ」と語ってました。

幻のバンドと呼ばれれたのに美談ではなくお金でした。

何か寂しいけど面白いですね。

水橋春夫さんがアウトデラックスに出演

48年ぶりに表舞台に復帰した水橋春夫さん。

まさかのバラエティに出演です。

作詞家の及川眠子さんが紹介したそうです。

すでにアウト作家の及川さん。

どれくらいのアウトっぷりか楽しみですね。

現状ではいい加減な事くらいですよね。

具体的なエピソードがあるかもしれません。

最後に

水橋春夫さんは面白い性格でしたよね。

フジロックフェスにも出演したみたいです。

音楽活動は順調みたいですね。

今回はアウトデラックスの出演ですよね。

爪痕を残せたら他のバラエティの出演もあるかもしれませんね。

今後の活躍が楽しみですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です