松田一希のwikiや経歴は?高校は磐南で嫁(妻)に頭が上がらない霊長類学者【情熱大陸】

テングザル研究で有名な霊長類学者の

松田一希(まつだ いっき)さん

情熱大陸の12月11日放送分で密着されています。

高校は分かったのですがwikiはありません。

詳しくプロフィールや経歴を調べてみます。

論文も引用されることが多いそうです。

その観察はフィールド調査の鬼と言われています。

それを支える嫁(妻)の存在が大きいそうです。

今では頭が上がらないみたいです。

どういた方なのかも調べていきます。

今回は松田一希さんを調べます。

目次
  1. 松田一希さんwiki風プロフィール
  2. 松田一希さんの高校は磐南
  3. 松田一希さんの経歴(職歴)
  4. 松田一希さんのテングザル研究
  5. 松田一希さんは嫁(妻)に頭が上がらない
  6. 最後に
スポンサードリンク

松田一希さんwiki風プロフィール

matsuda-ikki

出典:Ikki’s Web

  • 名前   松田 一希
  • よみ   まつだ いっき
  • 生年月日 1978年生まれ
  • 出身地  静岡県
  • 好物   ドリアン

松田一希さんの高校は磐南

静岡県立磐田南高等学校を卒業しています。

理数課のある偏差値65の進学校みたいです。

65分授業で5限(6限)を採用しているのも特徴だそうです。

一浪後、同志社大学工学部機能分子工学科へ入学。

セラミックスの研究をして工学修士まで取得。

他の研究室のクモザル調査に同行して、

動植物の生態に魅了され進路変更。

あまり研究されていないとの理由で、

テングザルを研究する事にしたそうです。

ここまで修了しての進路変更ですよ。

かなりの覚悟だったんでしょうね。

北海道大学大学院地球環境科学研究科博士課程に進学。

2008年3月に修了し地球環境科学の博士を取得。

松田一希さんの経歴(職歴)

2009年から1年間は北海道大学大学院の博士研究員です。

無給だったみたいですよ。

これが研究職の辛い所ですよね。

その後は、

  • 京都大学霊長類研究所
  • 日本学術振興会

を経ており2016年12月現在では、

  • マレーシア・サバ大学 Research Associate
  • 中部大学創発学術院 准教授
  • 京都大学野生動物研究センター 特任准教授
  • 日本モンキーセンター アドバイザー

などを兼任しているみたいです。

松田一希さんは今やテングザル研究の第一人者です。

発表する論文もかなり引用されるそうです。

松田一希さんの嫁(妻)とテングザル研究はページ2へ

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です