黒木渚の二股や終わったとは何?ビール党の元市役所職員は教授志望!【アウトデラックス】

シンガーソングライターとして活躍中の

黒木渚(くろきなぎさ)さん

2018年2月15日放送のアウトデラックスに出演しました。

「二股」や「終わった」のキーワードで

検索されているので詳細を調べます。

また、大のビール好きでインスタグラムや

Twitterからも伝わってくるみたいです。

経歴を見ると、市役所で働いていましたが、

元々は教授志望だったとか。

今回は黒木渚さんの以上の点を調べます。

目次
  1. 黒木渚さんのプロフィール
  2. 黒木渚さんは教授志望
  3. 黒木渚さんは元市役所の職員
  4. 黒木渚さんの終わったとは?
  5. 黒木渚さんは小説家
  6. 黒木渚さんはビール党
  7. 黒木渚さんの二股とは?
  8. 最後に
スポンサードリンク

黒木渚さんのプロフィール

出典:インスタグラム

  • 名前   黒木 渚
  • 読み   くろき なぎさ
  • 生年月日 1986年4月19日
  • 出身地  宮崎県日向市
  • 身長   170㎝

幼少期は、日本舞踊を嗜む祖母の影響で

厳しく育てられ、宮崎第一中学高等学校に

進学して厳しい寮生活を送ったそうです。

そんな生活の中で唯一の楽しみが読書だったとか。

その後、福岡大学人文学部に進学すると

軽音研究会でギターを学び、2010年には

バンド「黒木渚」を結成。

2012年に「あたしの心臓あげる」でデビュー。

2013年12月でバンドを解散してその後は

ソロとして活動しています。

黒木渚さんは教授志望

黒木渚さんは大学で出会った教授の影響で

文学にのめり込んで、福岡大学大学院人文

科学研究科英語学英米文学専攻に進みます。

近代英米文学におけるポストモダン文学を

研究していました。

大学教授になることを目指していたみたい

ですが、英米文学を専攻しているのに留学

経験がないことが大きなマイナスで、留学

を勧められたそうです。

その期間はなんと8年間です。

そんな長期の留学は経済的に厳しくて断念したそうですよ。

黒木渚さんは元市役所の職員

教授になるつもりだったので就職活動を

していなかった黒木渚さん。

バンドを続ける為に安定した仕事に就き

たくて、慌てて地方公務員試験の勉強を

始めて、1ヶ月後に合格しました。

たった1ヶ月の勉強で受かったのがスゴイですよね。

そして大学卒業後は、福岡県内の市役所で

財政課に勤務することになりました。

市営住宅の管理や土地の登記などの業務を

行っていたそうですよ。

黒木渚さんは、市役所に勤めながらバンド

活動をしていました。

黒木渚さんの音楽活動は、副業にあたった

ようで、市役所にバレないようにする為、

顔を隠して活動していました。

でも、ラジオ番組に出演して上司にバレてしまいました

上司から控えるよう求められると、なんと

1年間で退職してしまいます。

それだけ音楽活動をしたかったということなのでしょうね。

黒木渚さんの終わったとは?

黒木渚さんはネットで「終わった」と

検索されているようです。

どういう事なのか調べたら、2016年8月に

咽頭ジストニア治療の為、音楽活動を休止

したことが原因でした。

歌唱をする際に発声が困難になっていたそうです。

さすがに歌手が歌えなかったら引退かもと

心配になりますからね。

そういったことで終わったと言われていたようです。

ですが、2017年9月にワンマンライブを

開催して音楽活動を再開しました。

黒木渚さんのったと小説家、ビール党と二股はページ2へ

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です